皮膚科

きめ細やかな診療を、患者様へ。

皮膚は体の中で最大の臓器で、古くから「内臓の鏡」と言われてきました。皮膚は体の不調が最も表れやすい臓器であり、症状が直接目に見えるため、気持ちの面での苦痛も多い臓器です。皮膚疾患は、同じような症状に見えても、その原因や治療法は多彩であり、治療には高度の専門性が要求されます。治療にはどのような塗り薬が必要なのか、その塗り方はどうすれば効果的か、飲み薬による治療が必要か、それとも外科的処置が必要か。皮膚科専門医として、また、女性としてきめ細やかな診療を心がけます。診療で分かりにくい点がありましたら、いつでもお尋ねください。

このような症状があれば、当院にご相談ください。